ココマイスター 神戸旧居留地店

ココマイスター 神戸旧居留地店で長財布を買った理由や満足感

僕の仕事はWEBデザイン(グラフィックデザイナー)が本業なのでカジュアルウェアを着る機会が多いので、ココマイスターをネットで見た時に「僕に似合うかな?」という不安があったので、実際に身につけてみて似合うかどうかを確認のために、ココマイスター 神戸旧居留地店に出かけて長財布を買ったのでレビューします。

店舗の雰囲気・接客態度

店舗の雰囲気は、ラグジャリーな感触でした。ですが、写真で見るよりも、それほど高価でない作りが気に入っています。つまり、ブランドイメージは強いですが、その点で店員のそっけない態度としても、普通の店かなという印象でした。
接客態度は、小奇麗な店員さんという印象です。
ココマイスター 神戸旧居留地店

長く使っても飽きのこないシンプルな長財布を購入した

長財布を購入しました。もちろんメンズ式になります。もっていれば、それを持っているという感覚がいいので、愛用しています。これは、満足のいける代物であると自負しています。
Result_2298665_25799533_1577014_18162638

マイスターと名のつくものになるので、そのあたりのブランド感覚はあります。
ですので、これを使用していれば、良い物を買ったという充足感があり、そんなゆとりを手に入れるために頑張った私生活に自分なりに喜んでいます。

買ったネイビーの長財布は価格的にも手に届く範囲内であったので、満足しています。ココマイスターはラグジュアリー感も味わえるが、かと言って「嫌味な高級感」ありません。

使用感は、高級な雰囲気もありますが、その使用のしやすさという点で、多少乱暴に扱ってもびくともしないし使い心地も楽です。つまり、本革しか出せない色の経年変化にも耐えうる製品であるのに、気疲れや、持っていて疲れるようなことがありません。

これは、そのハンディ性能によるものだと思われます。おもわず自慢したく為るようなものですが、実際は、あまり人前では見せることができません。つまり、高級なイメージがして、どちらかというと、持っているという隠しプライドのようなものになるのです。

ブランドの好きな人なら、こういうものを、誰にも隠していて持っているようなものでしょう。つまり、それをSNSにアップするようなことは、わたしの好みではないのです。ですから、人に聞かれても、きっとそのマイスターの長財布は教えることをしません。

使ってわかる本革の品質とココマイスターの技術

なぜ、ココマイスターを選んだかについては、やはりブランドイメージより、ちゃんとした手作りの製品であることに承認をもったからになります。店頭でもイメージも、特別な秘密店舗のような雰囲気がしますので、あまり、人を連れてきたりとかはおもいません。

自分だけがしっている特殊な店として、たまに行く程度になります。
ただし、ここまでの長財布を持ってしまうと、そうはチェンジしようと考えません。自分の密かな宝の愛用として、これからも、よくサイドに置いておくつもりになります。

これは、ココマイスターが業者卸しをやっているという話からなのですが、実際はBtoCで売りぬくような製品群ではないかもしれません。
ブランドイメージとしても、やはり手作りであるのが秘訣なのでしょう。
ココマイスター公式サイトを見る

ココマイスター 神戸旧居留地店

所在地: 〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町25−番地 神戸旧居留地25番館 1F
時間:11:00-20:00
電話:078-333-5181
休日:なし(春夏年末年始・臨時休業あり)

兵庫県神戸市中央区京町25−番地 神戸旧居留地25番館 1F


コメントは利用できません。


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事