マットーネ・オーバーザウォレット

ジーンズなどのカジュアルウェアにも相性抜群!マットーネ・オーバーザウォレット長財布

マットーネとは生後6ヵ月以内の子牛の皮を、イタリアで1000年以上の伝統を持つバケッタ製法によって加工して作られた極上の皮革のことです。
牛が生きていた頃についた傷やトラ(シワ)や血管の跡など、天然皮革の証ともいえる表情が経年変化とともにいい味を出してくれます。
一般的な革製品と違い、使い続るほどに光沢感が増していくのも特徴ですね。

「みんなが使っているようなブランドの財布はイヤだ」「他とは違う自分だけの財布が欲しい」という人におすすめです。

面倒くさがりでも安心!手入れの必要はほとんどなし

革製品は品質を保つためにクリームなどを塗って定期的にメンテナンスをしなければいけませんが、これが意外にめんどくさくて、メンテナンスをしたくないという人も多いのではないでしょうか?

しかしマットーネでは特にメンテナンスの必要はありません。
ココマイスターの公式サイトでも説明されてありますが、マットーネの一番のメンテナンス方法は日々使用することです。
毎日使うだけでメンテナンスの代わりになるなんてありがたいですね。笑
手の脂により表面がコーティングされるので、クリームを塗ったりする必要がないようです。

しかし一つ注意したいのが、水には弱いということ。
マットーネだけではなく牛革全般に言えることなのですが、雨などで水に濡れてしまうと革に含まれている油分が抜けてしまい、ゴワゴワになったりシミになったりしてしまいます。
これではせっかくスタイリッシュでかっこいい財布が台無しになってしまいます!
ココマイスターの財布をデザインが気に入ったという理由で買った人にとっては、かなりのダメージです。

そうならないためにも防水スプレーを活用して水に塗れないように注意しておきましょう。

編み込み状で傷が目立たない

マットーネ・オーバーザウォレットは傷つきにくい

ココマイスターではマットーネ・オーバーザウォレット以外にもマットーネを使った商品を販売しています。

しかしマットーネには比較的傷がつきやすいというデメリットがあります。
普通に財布を使用していてもカバンの中で傷がついたり、ポケットに入れていたらいつのまにか傷がついていたなんてことありますよね?
せっかく大事に使っていた財布が傷ついてしまうと残念な気になるし、もしビジネスシーンで使う場合は人前で傷のついた財布を使うのは避けたいところです。

ですが、マットーネ・オーバーザウォレットの表革は編み込みになっていますので、傷がついても目立つことがなく、美しい経年変化のグラデーションを楽しむことができます。
切れ端が多く、手の脂が繊維に染み込みやすいので、経年変化も起こりやすい作りになっています。

経年変化によって光沢感と色の深みが増し、唯一無二の自分だけの財布になるので使いがいがありますよ。


コメントは利用できません。

関連記事


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事