20代後半の男性におすすめ

20代後半の場合は、ビジネスシーンとの兼用も増えてきます。
普段使うだけならデザイン性は自分の好きなものだけを選んでおけばいいのですが、ビジネスシーンになると他の人からどのように見られるかも気にしなくてはなりません。
安い財布やボロボロな財布ではあまりいい印象を与えませんし、派手すぎる財布やいかにもブランドっぽい財布でもダメと、かなり選べる選択肢はせばまってきます。

それでも全くおすすめの財布がないというわけではありませんので心配はありません。

20代後半なら長財布がおすすめ

20代後半になると二つ折りの財布よりも長財布の方がおすすめです。
ビジネスと兼用と考えると、スーツに入れることも考慮しないといけませんからね。

20代男性におすすめ(ビジネス編)でもご紹介しましたが、一番のおすすめは「マットーネ・マルチウォレット」です。
財布自体の薄さは2cmと非常に薄いので、「スーツの内ポケット」や「ズボンの後ろポケット」に入れていてもストレスを感じることがありません

さらに薄いながらもしっかりと収納機能は備わっており、小銭やお札が取り出しにくいということもなく、革なので財布を大きく開きやすく、お会計の時もスムーズに中の小銭を確認したり取り出したりすることができます。

カードは最大8枚まで収納することができます。
この点に関しては「カードポケットの数をもう少し増やして欲しい」という口コミもいくつか見られたので、不満な方も多いのでしょう。

しかし、逆に考えれば、コレを機に今まであまり使わないけど財布に入れていたポイントカードなどを処分することができるのではないでしょうか?

値段も2万円台と上質な素材を使っていながらも比較的手の届きやすい値段となっています。

働く男性として良質な財布を!

20代後半となると、ある程度社会で働いてそれなりの立場の方との付き合いなんかもでてきます。
そんな時にボロボロな財布や安っぽい財布を使っていると、少し恥ずかしいですし、財布は確実に上位役職の方に見られていますので、それが評価に関わってくるというのは十分に考えられます。

またこの頃は学生や新社会人とは違う、もう一つの上のレベルの男性になりたいものです。

よく20代後半が一番「いつまでも学生気分の人」と「顔つきが変わり、社会人っぽい人」の違いがハッキリでるといわれていますよね。
いつまでも学生気分のままではいけませんから、財布も上質な財布を使用したいものです。
不思議なもので持ち物が変われば、自然と中身もしっかりとしてくるものです。


コメントは利用できません。

関連記事


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事