30代男性におすすめ

「30代にふさわしい上質な財布が欲しい、ブランドにもこだわりはない」という人から人気のココマイスター。
イギリスの上質な皮革を日本の職人が一つ一つ手作りしており、その質の高さは他の有名ブランドにも負けていません。
2010年に発足した若いブランドですが、今人気急上昇中で、在庫がほとんどないほど。

さて、30代男性におすすめの財布ですが、30代になると大人の印象を全面に出していかなければいけません。
会社ではそれなりの立場になって部下を持つようになるでしょうし、上位役職の方たちとのお付き合いなども多くなり、人前で財布を出す機会が多くなります。

そうなってくると中途半端な財布を持つことはできません。
財布も「身だしなみ」の一つですから、そこで手を抜いてしまうと相手に足元見られてしまう可能性というのは十分に考えられます。

なので、必然的に質のいい財布をもつ必要があります。

「財布さえ変えれば全て上手くいく」というわけではありませんが、少なくとも知らない間にいろいろな人からの評価が下がることはないでしょう。

またこの年代になってくると、高級感のある財布を持っても嫌味なく持つことができます。
質の高い財布は大人の男の魅力をアップさせてくれ、他人に洗練された印象を与えることができます。

おすすめの財布

財布のタイプは二つ折りと長財布に分けられ、基本的には現在使っている財布と同じタイプを選びますが、30代の場合は二つ折りよりも長財布の方がおすすめです。
二つ折りはどうしてもお札が曲がってしまうし、ポイントカードやレシートがぐちゃぐちゃになって見栄えが良くありません。
財布の外見だけではなく中身も綺麗ににしておくことが大切です。

コードバン 薄型長財布

コードバン 薄型長財布

国産の最高級コードバン(馬革)を使用した高級財布。
厚さわずか2cmなので、スーツの内ポケットやズボンの後ろポケットにストレスなく入れることができます。
カードポケットは全部で14枚と薄型でありながらも収納機能は◎
しかしカードを入れすぎてパンパンになった財布は不恰好なので、必要最低限のカードだけを入れるように注意です。

また、コードバンは丈夫な革なのでかなり長持ちさせることができるので、革特有の経年変化を存分に楽しむことができます。
40代になればコードバンの長財布も経年変化により、40代に合った渋さを持った色合いになるので、財布を何度も買い換える必要はありません。
実際に私の友人にはコードバンを使用した財布を10年近く大事に使っている人もいます。

ブライドル・インペリアルウォレット

ブライドル・インペリアルウォレット

重厚でいて上品な表情。イギリスから誇る伝統的なレザーから放たれるオーラは見る人に洗練された印象を与えてくれます。
こちらはカードをカードポケットが9ヵ所ついており、縦に並べられるのでカードの取り出しも非常にスムーズ。
薄型の財布でありながらお札は約100枚収納可能と、かなりの大容量です。

またココマイスターの財布では珍しくカラーバリエーションが豊富で、モスグリーンやスイスレッドなど、他とは少し違う財布にすることも可能です。

まとめ

30代になると上質な財布を持つ必要性がでてきます。
しかしただブランドものの財布を使えばいいというわけではありません。

大事なのはブランドよりも「質」です

正直なところブランドものかどうかは財布にロゴが入っていなければほとんどの人が分かりません。
ですが、財布の見た目・質というのは素人から見てもいいか悪いかは感じることができます。
「自分はあまり分からないけどな」と思われる方もいるかもしれませんが、それは質がいいもの同士を比較しているからかもしれません。
質の低いものと高いものを比べてみると、その差はハッキリとしますよ。


コメントは利用できません。

関連記事


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事