皮革製品の保存方法

皮革は、長期間放置すると硬化する傾向がある。硬化すると、製品としての美しさやや機能性が損なわれるのみならず、ひび割れて使用できなくなる虞がある。そこで、革の柔らかさを維持するため、保革油を塗ることがある。

また、高湿度や汚れによって、カビが発生することがある。皮革の製造過程では、カビの原因となる有機物はなくなるので、主なカビの原因は製品になった後に付着した汚れである。

従って、表面をきれいにすることが保存性を高めるのに効果がある。また、多くの製品には塗料が塗られているので、汚れ落としのために、ベンジンなどの有機溶剤を使用するとその塗膜が損傷することがある。

また革の構成要素であるコラーゲンもまた蛋白質の一種であり熱で変性して強度や柔軟性を失うので、濡れた皮革製品を乾かす目的で火の近くに置くのは避けた方がいい。

このように、天然皮革は手入れが大変であるにもかかわらず、使えば使うほど馴染んできて、美しくなることから現在でも合成皮革に取って代わられることはない。


コメントは利用できません。

関連記事


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事