パンチングレザー技法

かつては、パンチングレザーと呼ばれ、主にバイク乗りのための夏用グローブなど通気性といった機能のみに焦点を当てた、限定的な製品が多かった。

しかし最近のトレンドをみてみると、やはりラグジュアリーブランドのウォレットやバッグなどレザーアイテムに多く採用されるようになっているようだ。

これはかつてのパンチングレザーの捉え方とは違い、見た目のインパクトの大きさとパンチングによる軽量な素材感によるところが多いようだ。

また、見えそうで見えな  い、というシースルーな感覚がセクシーな印象を抱かせるゆえ、艶っぽさと男らしさを求める男性に人気だ。ここ数年でぐっと需要のレンジが広がっている注目技法。


コメントは利用できません。

関連記事


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事