山羊皮の基礎知識

ゴートスキン

山羊革というと、牛革や豚革に較べてあまり馴染みのない革素材かもしれませんが、有名ブランドでも使われているなど、意外に良く見かける革素材のひとつです。主な生産国はインドを中心とした足場の悪い地域に生息する山羊の革は、長い体毛に覆われながらも密度の高い繊維としなやかさをもっており銀面は細やかなシボが並び、革の表情を楽しみたい、ツウ好みの表情をしています。

子山羊はさらに柔軟性に富み、キッドスキンと呼ばれて、高貴な印象さえ感じさせるほどです。

また、同じ偶蹄目の牛科に属するため、羊革としばしば比較されますが、羊革よりも繊維構造が緻密になっているため、弾力性に富む若干堅い革質になります。

耐摩擦性に優れ、薄くても丈夫という優れた特性を持ち、比較的型崩れをしにくいという長所も併せ持っています。

特にキッドはゴートよりさらにシボの目が細かく柔らかいため、高級革素材として珍重されています。


コメントは利用できません。

関連記事


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事