タンナー

タンナーとは

「タンナー」という職業をご存知の方は果たしてどのくらいいるのでしょうか。

タンナーとは皮革製造に従事する仕事で、当然ながら鞄や革小物を製作するためには欠かせない、縁の下の力持ち的存在です。

『 皮から革を作る 』が、このタンナーの仕事になります。「皮」は「鞣されていない、毛のついた状態の生の表皮」であり、「革」は「皮を鞣して腐ったり固くなったりしないように加工したもの」なので、この両者は全く違うものなのですが、今だにこの両者は混同されて使われることのほうが圧倒的に多いのです。


コメントは利用できません。

関連記事


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事