michin

革の加工や染色

経験とアイデアを駆使するタンナーによって、変革を遂げた革。

そこに、さらに個性的な表情を加え、エイジングを楽しむための“化粧”。
それが、染色や加工と呼ばれる工程である。日本古来の伝統的な染め技術を西洋から伝播したバッグや小物に取り入れ、新しいプロダクトへと昇華させたもの、進化した型押し技術によって現代の空気にマッチする手軽さ、ラグジュアリー感を演出したものなど、今どきの染めや加工の技法を検証する。


コメントは利用できません。

関連記事


誰から見られても恥ずかしくない本革財布


おすすめ記事